正直細かく知らなかったので調べてみました

私は軽自動車を所持していますが、節約の為セルフのガソリンスタンドで給油しています。

 

支払方法を選択してお金を入れ、ガソリンの種類を選択して、給油量を選択し、静電気除去シートにタッチし、いざ給油です。

 

給油したらノズルを元の位置に戻し、給油口キャップをしっかりと閉めて完了です。ガソリンの種類ですが、私は迷わずレギュラーを選びます。免許を取得してマイカーを所持してから、ずっと軽自動車を愛用しています。

 

 

なのでおのずとガソリンもレギュラーです。ハイオクは使った事がありません。友達が外車に乗っており、乗せてもらった際にガソリンスタンドでハイオクを入れていました。おもわず「お〜」と歓声をあげてしまいました。普段ハイオクを入れる事のない私なので、かなり舞い上がってしまいました。

 

 

通常ガソリンスタンドでは、3つの油種が販売されています。「レギュラー・ハイオク・軽油」です。

 

 

ハイオクが最も高く、レギュラーが中間、そして軽油は最も安い価格帯になっています。

 

私は何の躊躇いもなく毎回レギュラーを給油しており、両隣のハイオクと軽油はスルーです。

 

 

しかしふと思ったのですが、レギュラー・ハイオク・給油の3つの違いは何なのでしょうか。

 

【ハイオク】

ハイオク=高級車といったイメージが強い人も多いでしょう。私もその1人ですが、これは間違いではありません。レギュラーとハイオクの違いはオクタン価であり、オクタン価とは「燃料の燃えにくさ」を意味します。レギュラーは89.0以上と規定されていますが、ハイオクは96.0以上と規定されています。「オクタン価が高い」ガソリンだから“ハイオク”と名付けらているのです。オクタン価が高いほど引火点が高く、燃えにくいガソリンという事になります。燃えにくいガソリンでは都合が悪い感じがしますが、実際には混合気をより高く圧縮できるので、燃焼時のエネルギーは大きくなります。このためノッキング(点火のタイミングのズレにより起こる燃焼異常の事で、エンジンからの「カラカラ」「ガリガ
リ」といった音が特徴)を起こしにくくなるのです。

 

また最近のハイオクガソリンは、オクタン価を高めるだけでなく、エンジンの燃焼室を綺麗にする清浄剤もブレンドされています。これを使い続ければ、長年の走行で蓄積されたカーボンも除去してくれるので、燃費が向上すると共にエンジンの寿命も伸ばしてくれます。ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れた場合、このせいでエンジンが壊れてしまうことはありません。しかし出力が低下し、エンジンの機能をフルに発揮する事が出来ません。更にエンジントラブルを起こした場合、メーカー保証の対象外となる可能性もあります。

 

【レギュラー】

一般的な乗用車で最も使われているガソリンであり、ハイオクより低オクタン価ですが安価なのが特徴です。低オクタン価だと自然発火しやすいという事ですが、一般的な乗用車であればそれほどハイパワーを要することはありません。スポーツカーのように急発進や高加速をする事もないでしょうし、乗用車のレベルであれば自然発火する事も少なく低オクタン価でも問題ありません。ではレギュラー仕様の車にハイオクガソリンを入れた場合はどうなるのでしょうか?

 

例えば「ボーナスが入ったから今日だけハイオク入れちゃおう」はアリなのでしょうか。調べてみたのですが、どうやらあまり意味がない様です。レギュラー指定の車にハイオクガソリンを入れても、馬力はまったく上がりませんし燃費も向上しません。ただ唯一、エンジン内部の清浄効果はある様です。レギュラーよりもハイオクの方がより高性能なエンジン清浄剤を配合している事が多いので、その点だけは多少期待できるようです。しかしここでも物申す人がいて、無理にハイオクを入れるくらいならまめにオイル交換をした方がよっぽど良いとの事でした。やはりレギュラー仕様の車はレギュラーガソリンに合わせて作られていますから、当然と言えば当然なのでしょう。但し故障の心配はありませんのでご安心を。

 

【軽油】

レギュラー、ハイオクがガソリンなのに対し、軽油はガソリンではありません。そして一般的に使用されている灯油でもありません。軽という文字がついていますが軽自動車用燃料ではないので注意が必要です。ガソリンと軽油の原料は石油なのですが、製造過程の違いによって、軽油はガソリンに比べ高温・高熱をかけての燃焼が可能という特徴があります。その特徴を上手にエネルギーに利用しているのがディーゼルエンジンです。軽油を使い高温・高圧で爆発させる事により高出力が出せ、エネルギー効率も良くなり低燃費に繋がります。ですから重くてパワーが必要かつ低燃費が必要な大型自動車(トラックや船など)に採用されています。高出力&低燃費なら、すべての車をディーゼル仕様にしちゃえば・・と思いませんか?私はそう思いました。

 

でもディーゼル車は軽油を高圧縮で爆発させているので、強固に作って大きなエンジンになります。更に車の振動や騒音は大きくなってしまい、家庭用には向かないようです。最近は克服しつつあるので、これからの進化に期待しましょう。さて、レギュラー車やハイオク車に軽油を入れた場合どうなるのでしょうか。これはとても危険な行為です。ノッキングを起こし黒煙が上がり、最終的にはエンジンが停止します。最悪部品交換や修理も必要となるでしょう。逆にディーゼル車にガソリンを入れたらどうなるのでしょうか。やはりノッキングを起こし白煙が上がり、最終的にはエンジンが停止します。そしてこちらの場合はエンジンをかけただけでも高額な修理代がかかる恐れがあります。