雪道運転は本当に注意が必要です

冬の運転で怖いのはやはり雪道や凍結した道路などの滑りやすくなっている道路ですよね。

 

そのため、冬になるとスタッドレスタイヤのCMが放送されるようになりますし、オートバックスやジェームスなどの車専門店の広告でもスタッドレスタイヤを前面に出てきますよね。

 

スタッドレスタイヤの効果は国も認めており、今後雪道や凍結した道路などで滑って事故を起こした車が、スタッドレスタイヤを装着していなかった場合は罰則や罰金などが科せられるようにと検討されている様です。

 

 

それだけスタッドレスタイヤを装着すれば冬の滑りやすくなった道でも安全に走行できると証明されているのです。ですが、そもそもスタッドレスタイヤの効果とはどのようなものなのでしょうか?

 

どんな効果があるの?

スタッドレスタイヤとは雪道や凍結した道路を走る際、安全に走行できるように開発されたスノータイヤの1つです。

 

雪道や凍結した道路は、スケート場のリンクの様にとても滑りやすい状態となっており、摩擦係数が低い状態になっている為、通常の道路に比べて止まるまでに距離がかかってしまいます。

 

スタッドレスタイヤはそういったことを防ぐため、通常のタイヤに比べて摩擦係数が高くなる様に設定され、駆動力や制動力を路面に伝える様に工夫・開発されたタイヤなのです。

 

 

スタッドレスタイヤは通常のタイヤと比べて溝が深くまた凹凸が大きくなっているのです。車が滑る原因の一つとして、凍結した路面などを走る際に氷が解けて出来た水が、路面とタイヤの間に入ってとても滑りやすい状態になってしまうからなのです。

 

 

通常のタイヤでは溝が浅くて凹凸も小さいため、簡単に間に水が入って滑りやすい状態に容易になってしまうのですが、スタッドレスタイヤは溝が大きくなっている為、水が溝に入りにくく、たとえ入っても水の膜が路面との間にできにくいため、滑りにくくなっているのです。

 

 

また、スタッドレスタイヤの溝は深くなっていることから、雪道などでしっかりと雪を中に入っていく事によって大きなグリップ力が発生します。そのため雪道でもタイヤが空回りしにくく安定して走行することを可能としています。

 

 

さらにタイヤにはサイプというタイヤに刻まれた溝があることにより、ブレーキを掛けた時や曲道を走行するときなどにグリップ力が発生する事で滑ることを制御してくれます。また、スタッドレスタイヤは通常のタイヤに比べてゴムの性質が異なります。

 

 

通常のタイヤよりも柔らかいゴムとなっているため、路面に対して密着しやすく、密着する面積が広くなり、かつ路面の凸凹などの形状に合わせて密着してくれることで摩擦係数が大きくなり滑りにくくなっているのです。通常のタイヤでは気温が下がる事で硬くなるのですが、スタッドレスタイヤは堅さの変化が小さいのです。もともと柔らかいだけではなく、寒さに対しても性質を保つ事ができる素材でスタッドレスタイヤは作られているのです。

 

 

以上の様に、スタッドレスタイヤは雪道や凍結した道路を走行する際、様々な工夫で滑りにくい構造となっており、通常のタイヤに比べてはるかに安全に走行する事が可能なのです。

 

スタッドレスだからと言って油断は禁物です

とはいっても、スタッドレスタイヤも万能ではありません。例えスタッドレスタイヤを使用していても、元々凍結した道路は滑りやすくなっています。そのため、通常通りの運転をしていると滑る危険性は十分ににあります。

 

スタッドレスタイヤを使用していても過信していると事故につながるので注意しましょう。まず、走行時の速度は最高でもその道路の法定速度内としましょう。早くても50kmくらいにしておくことが無難です。車の速度が速ければ速いほど止まるまでの距離は長くなります。それに加えて滑りやすくなっている道路ではさらに距離が伸びますし、タイヤが滑ってスリップをすると、ハンドル操作が効かなくなってしまうこともあります。一度スリップした車はたとえブレーキをかけても容易には停まりません。

 

 

急ブレーキと急発進は厳禁です。また、橋や陸橋などは通常の道路に比べて凍結しやすいので、さらに注意が必要です。特に坂道は上り下りともに発進とブレーキには細心の注意を払いましょう。

 

 

車を処分する前に、無料で査定しませんか?