車を購入したらまず何しますか?

車を購入した際、まっさきに行う事と言えばお祓いではないでしょうか?

 

法律で定められているわけでもありませんし、もちろんお祓いすることが義務というわけでもありませんが、車を購入した人の多くがお祓いを行っています。

 

この車のお祓いとはいったい何のために行うのでしょうか?その理由を調べてみました。

 

お祓いって何のためにするの?

まず、お祓いとは、簡単に言うと、神様にお祈りをして罪・穢れ・災厄などを除くために行う儀式のことです。

 

ここまで深く考えてお祓いをしている人はいませんし、タダの通過儀礼としてお祓いをしている人が大半なのではないでしょうか?もちろんお祓いをしたからといって災いなどからすべて逃れるなんてことはできません。

 

 

気持ちの持ちようとも言えます。ですがお祓いをすることでその効果を多少でも信じていれば安心感を得ることが出来ます。

 

 

 

車を運転している人で事故が起きても良いなんて思っている人はいませんよね?

 

 

神社やお寺などでお祓いを受けることで、上述したように神仏の加護を受ける事によって災いなどから守ってもらうことをお祈りすることになります。お祓いをしても気休めというのは人の考え方次第であり、お祓いをしておくことで安心感を得ることが出来ます。

 

 

 

お祓いをしてもらうことで交通安全に対しての意識が高くなったり、運転するときに気を付けようという気持ちが生まれるかもしれません。

 

 

 

また、もしも事故などにあったとしてもお祓いをしたからこれくらいで済んだと思うことができるかもしれません。

 

 

逆にお祓いをしていなかったら、安全運転に対しての意識が薄れてしまうかもしれませんし、なによりもしも事故があったときにお祓いをしていなかったからだと後悔することになってしまうかもしれません。

 

 

 

お祓いをすることでお守りやお札をもらうことにより、それを見て心を落ち着かせることも出来るでしょう。

 

 

普段神仏なんて信じないという人こそ、お祓いをしておくといいんです。全く信じていなくても、お祓いをしたというその行動が運転に対する気持ちや考えに対して少なからず影響を与えることになるんです。

 

 

もちろんお祓いをしなくても安全運転に心がければ問題はないのですが、やはり古来から行われているお祓いという通例儀式は行っておくほうがよいのではないでしょうか。田舎の方や年配の方ではこういった通例儀式を重んじる人が多いです。

 

 

こういった人たちにお祓いをしていないと言うと、驚かれてしまうかもしれません。では、車のお祓いで有名なところは何処があるでしょうか。

 

車のお祓いで有名なところ

成田山

交通安全祈願で、全国的に有名なのはやはり成田山でしょう。千葉県成田市の成田山新勝寺を大本山となっており、交通安全といったら成田山といっても過言ではないくらいその知名度は高いです。成田山新勝寺を中心とし、全国に直径のお寺があります。その中でも一番有名なのは、日本で初めて交通安全の祈願を行った成田山大阪別院明王院です。大阪寝屋川市にあり、全国から交通安全の祈願にと多くの人が訪れています。

 

狸山不動院

寺と言えば京都ですよね。多くのお寺がある京都の中で、左京区にある狸山不動院は交通安全祈願で有名な修験寺です。読み方はタヌキダニヤマと呼び、タヌキダニのお不動さんと呼ばれて親しまれています。交通安全だけではなく、厄除けはもちろん、健康面では癌封じでも全国的に有名なんですよ。

 

谷保天満宮

東京都国立市にある谷保天満宮は交通安全発祥の地といわれており、東京近郊の人の多くがこの神社を訪れます。発祥の地となった訳は、今から100年以上前に宮様によって遠乗会という車でのツアーが行われ、その際にこの谷保天満宮に寄って交通安全の祈願をしていった由来があるのです。そのことから、交通安全発祥の地と言われるように也、今なお多くの人が交通安全祈願に訪れているんです。

 

一畑山薬師寺

愛知県に住んでいる人なら誰しもテレビのCMなどで見たことがあるのではないでしょうか?愛知県岡崎市にある交通安全や厄除けなどで有名なお寺です。読み方はイチハタサンヤクシジです。お祓いの後に、祈祷料によって御霊泉券がもらえます。御霊泉とは簡単に言えば温泉です。様々な効能のある温泉に入ることが出来る券、いわゆる銭湯の券をもらえるんです。車のお祓いだけではなく、霊験あらたかなお風呂に浸かって身を清めることも出来るんです。