原付やバイクの廃車手続きは車よりめんどくさくないですよ

原付やバイクの廃車手続きは、そう難しくありません。もし自動車の廃車手続きを行った事がある場合、それよりも随分簡単だと思って良いです。

 

原付バイクやバイクを廃車にするには、一時的な抹消と、スクラップにしてしまう永久的な抹消があります。

 

どちらの場合でも、廃車手続きはナンバープレートを管轄する市役所等の役所で行います。

 

ここで1点注意事項ですが、バイクの廃車手続きの場合、バイクの排気量により廃車手続き方法が若干異なります。覚えておいた方が良いです。

 

原付等(125cc以下)のバイクの廃車手続きと、その費用を説明します。

【必要なもの】

※ナンバープレート(ナンバープレートを外して持っていきます。)
※標識交付証明書(バイクのナンバーを取得した際に貰う書類です。)
※印鑑
※廃車申告書(市区町村の役所の窓口にて入手します。)

【手続き方法】

まず自分でナンバープレートを取り外し、管轄である市区町村の役所の窓口へ行きます。※125cc以下のバイクの廃車手続きを行う場合、バイク自体を持ち込む必要性はありません。書類上のやり取りのみで終了します。上記の必要書類を持参し、役所にある廃車申告書に記入します。必要書類の提出と、ナンバープレートの返納、廃車証を受け取ります。これで手続き自体は終了で、それから解体業者を探すか、あらかじめ探しておいた業者でスクラップにします。以上で125cc以下の原付・バイクの廃車手続きは完了です。車の廃車手続きよりもかなり簡単なのが分かります。

 

では、廃車に掛かった費用を確認していきましょう。手続き自体の費用は基本無料となり、掛かるのは解体費用のみとなります。

 

業者に依頼する場合、解体費用の相場は約10,000円前後となります。更に運輸費用をプラスすると、もう少しコストアップが危惧されます。更に細かい分部で言うと、管轄の市区町村に赴く際の交通費も必要となります。車の廃車の様に陸運局へ赴く訳ではないのでそこまで心配しなくて大丈夫ですが、一応必要である事を記載しておきます。

 

126〜250ccのバイクの廃車手続きと、その費用を説明します。

【必要なもの】

※ナンバープレート(ナンバープレートを持っていきます。)
※印鑑
※軽自動車届出済証(ナンバーが交付された際に貰う書類です。)
※軽自動車届出済証返納届(陸運局の用紙販売所で入手します。この軽自動車届出済証返納届は、バイクの一時的な廃車手続きをする場合に必要です。バイク自体をスクラップにする場合には必要ありません。)
※軽自動車届出済証返納証明書交付請求書(陸運局の用紙販売所にて入手します。)

【手続き方法】

まず自分でナンバープレートを取り外し、必要書類を持って運輸支局(自動車検査事務所)で手続きを行います。各書類に記入をし、提出します。ナンバープレートを返納し、軽自動車届出済証返納証明書を受け取ります。これで手続き自体は終了で、それから解体業者を探すか、あらかじめ探しておいた業者でスクラップにします。以上で126cc〜250cc以下のバイク(軽二輪自動車)の廃車手続きは完了となります。廃車手続き後、自賠責保険の有効期限が残っている場合は、保険料が戻ってきます。出来るだけ早く手続きを行う事をお勧めします。

 

では、バイクの廃車に掛かった費用を確認していきましょう。こちらも手続き自体の費用は基本無料となります。しかし一時使用中止の場合には500円の手数料が掛かります。そして解体費用が掛かり、やはり相場が約10,000円前後となります。運輸費用をプラスすると、コストアップする事は覚悟しましょう。運輸支局への交通費も考えておきたいですね。そして軽二輪自動車の場合、原付より手続きが大変です。代行業者に依頼する事も出来ますが、代行手数料として15,000円〜の金額が掛かると予想されます。

 

 

以上が原付やバイクの廃車手続き方法とその費用になります。

 

特に原付は手間がそこまでかからず出来る様ですが、どちらも完全無料とはいきません。スクラップにする金額が少々厄介な感じです。いきなり廃車という考えを改め、一度買取の一括査定を受けてみるのも1つの選択肢だと思います。

 

 

無料ですし、例え査定価格0円でもマイナスにならず手間もかからず楽ちんです。もしかしたら予想額よりも高い金額で引き取ってもらえるかもしれませんから、まずは査定してもらってから考えても良いと思います。

 

 

無料査定を受ける方はコチラ