若者が車を買わないって本当?

最近は若者の○○離れが問題となってますね。恋愛離れ・新聞離れ・年賀状離れなどなど多くありますが、ここ最近で一気に加速しているのが車離れです。

 

最近の若者は車に乗ることを好まず、免許はとっても車を購入するという人が少なくなっているのです。

 

昔であれば、免許を持ったら車を購入するのが当たり前でしたし、車を持っていることが一種のステータスでした。

 

特に男であれば良い車に乗っている事で女の子にモテますし、免許をとったら親に車を購入してもらったり、お金を借りたり、ローンを組んだりして良い車に乗ったものでした。今は免許を持っても車を購入する人が少なく、身分証明書代わりに免許を取ったり、免許を持っているだけでまったく運転しないという人もいます。

 

 

昔はステータスだった良い車も、今はそこまで乗りたいと思う人が少なくなっているのです。昔はスポーツカーなどの高級車に無理をしてでも乗ることがカッコいいと言うことになっていましたが、今は燃費の悪いスポーツカーなどに乗る人がかなり少なくなっています。

 

 

車離れとは車に乗る事が少なくなったという事だけではなく、良い車に乗ろうと言う人が少なくなったという事も含まれます。

 

 

今は昔の様な大型の車やスポーツカーなど、外観のカッコ良さだけを見る事がなくなり、燃費や税金など維持費にも注目されるようになっています。ハイブリットや電気自動車などはもちろんですが、燃費も税金も安い軽自動車を購入する若者がとても多いのです。

 

 

現在車を購入する人の半分以上が軽自動車と言われています。昔は軽自動車に乗っている事がカッコ悪いなんてイメージがあり、若者が軽自動車に乗る事は少なかったものの、現在では若者で軽自動車に乗っている人の方が多いくらいです。

 

 

軽自動車も外観がかっこよくなり、若者向けに作られているのもありますし、なにより燃費がとてもよく、税金も以前よりも高くなってしまったものの、依然普通自動車に比べて格安なため、軽自動車に乗る人がとても多いのが現状です。

 

 

昔は車にお金をかける人が多く、走り屋など車を改造して峠や高速道路などを走っている人もいましたが、最近ではそういった人もめっきり減りました。

 

 

車の改造にはとてもお金が掛かりますし、なにより車を改造する事が昔ではかっこよかったのが、最近では女性の受けが悪く、車にお金を筧過ぎる人は
むしろ敬遠される傾向になっているそうです。

 

 

様々な理由から現代の若者の車離れは深刻となっています。交通の便が良くなった事から、車が無くても生活に困らないと言う人も多く、また都心部では渋滞などで車で移動するほうが逆に時間が掛かってしまったり、駐車料金が高くてもっているだけで税金・ガソリン代に加えて維持費がかさむこともあり、車を持つ必要がないとう事情もあります。

 

 

とはいえ、車が必要な場面も日常では沢山あるのですが、そういった時にはカーシェアと言う方法を利用する人も多くなっています。

 

 

カーシェアとは登録しておくことで車を好きな時に借りることのできるサービスであり、利用したい時間帯を予約する事で自由にその車を使えることができてしまうのです。使いたい時だけ利用できるため、駐車料金や税金などの維持費が必要ないため、通勤などで車の必要のない人に人気があります。

 

 

車は持っているだけでお金が掛かるため、必要な時だけ乗る事が出来れば良いと思う人も多い用です。

 

 

以上の様に、最近では若者の車離れが広がっています。車が無くても生活出来たり、車にそこまで執着したりお金を賭けたくないと思う人が増えていることが原因の様ですね。

 

 

車を処分する前に、無料で査定しませんか?