任意保険に入っていないと大変な事になりますよ

自動車免許を取っていざマイカーを持ったら、同時に加入するのが自動車保険です。

 

自賠責保険は義務なので加入が当然となりますし、同時に任意保険を付けている人は多数です。

 

今や任意保険に加入していない人の方が少数でしょう。ちょっと話がずれますが、もし任意保険に加入していない場合、事故をしたらどうなるのでしょうか。

 

自賠責保険には強制加入していますから、相手の怪我や死亡時のみ補償されます。

 

しかし相手方の車などの財産は一切補償されません。つまり車などを破損した場合には、加害者側が自費で支払う事になります。これは加害者にとって困りますね。

 

 

しかも加害者だけでなく被害者も困る事となります。何故なら、加害者が人気保険に加入していない事により、加害者側はそれなりの金額を自分で用意しなければいけません。そんなお金がすぐに用意出来れば良いですが、一括で支払う事が出来ないケースが出てきます。

 

 

どうせ支払えないのだから開き直っちゃえ!なんて人もいて、そんな場合トラブルに発展し長引いてしまいがちです。

 

 

ですから未加入のままでも罪ではありませんが、心配だから任意保険にも加入しておきたいという人が多いです。いざ事故を起こすとお金や相手方への対応が大変ですから、自分のカーライフに合った任意保険に加入した方が精神的にも安心ですね。

 

廃車にした場合、自動車保険はどうなるの?

さてせっかく加入した自動車保険ですが、もし廃車にした場合、これらの保険はどうなるのでしょうか?

 

そのまま掛け捨て?いえいえ、そんな事はないのでご安心を。車を廃車にすると、自動車保険は保険料の返戻金を受け取る事が出来ます。

 

つまり、契約残り期間の支払い済みである保険料が戻ってくるということです。自賠責保険でも任意保険でも返戻金を受け取る事が出来ますから、これは知らないと損ですね。

 

 

 

※自賠責保険ですが、廃車(抹消登録)にした時点で自賠責保険の有効期限が1ヵ月以上残っている事が必要条件となるのでご注意を。

 

そして返戻金を受け取るには、自ら保険会社に申請しなければいけません。自動車税なら抹消登録をすれば自動的に還付されますが、自賠責保険は放っておけば還付されないままです。そして返金の基準とされるのが、抹消登録をした期日ではないので気を付けて下さい。

 

 

保険会社と解約の取り交わしをした期日になる事を覚えておきましょう。解約するのが遅ければ遅い程損をする事になりますから、抹消登録をしたらすぐに手続きをした方が賢明なのです。ここからは解約に必要な書類を挙げていきます。

 

「登録識別情報等通知書」「解除事理由証明書」「登録事項等証明書」「自動車重量税還付申請書付表1」「輸出抹消仮登録証明書」「輸出予定届出証明書」が必要となります。

 

 

なお返戻金額の計算式は、「返戻金額」=支払い済保険料÷24×残存月数 です。覚えておくと良いでしょう。

 

 

次に任意保険の返戻金を受け取る場合を考えていきます。任意保険も自賠責保険同様に返戻金を受け取る事が可能であり、こちらも同様に自ら保険会社に申請する必要性があります。

 

 

残り期間の保険料返戻金を受け取る事が出来ますが、返戻金額の計算式は保険会社によって違うのが特徴です。一般的に考えがちなのが、残りの期間を月割にした金額がそのまま返戻金として戻ってくるというものです。

 

 

しかし自動車保険を1年で解約すると、年間保険料に対して「短期率」と呼ばれる料率を掛け合わせて返戻金を算出するケースもあります。

 

 

短期率によって算出された金額は、単純な月割計算で算出した額よりも少なくなってしまうのです。ですから返戻金と計算式については、事前に保険会社に問い合わせておくことが必要となります。

 

 

そして任意保険の解約を行う場合は、等級について考慮しておくべきです。任意保険では、解約後に13ヶ月が経過すると等級が6等級まで戻ってしまいます。もし現在加入している保険の等級割引ランクが良い場合には、「中断証明書」を発行してもらうのがベターです。

 

 

 

今まで契約していた保険を10年間まで凍結しておく事が出来るので、何年か後に車に乗る場合、凍結しておいた等級で新たに保険を契約する事が出来ます。これは以前の保険会社と違っても可能なので、とても魅力的です。

 

 

しかし中断証明書を紛失した場合には、等級の引継ぎは出来なくなります。大切に保管しておいて下さい。

 

 

廃車にする前に一度無料査定しましょう