衝撃が走ったフォルクスワーゲン問題

今年の9/18に衝撃的なニュースが世界中を飛び交い、自動車業界に激震が走りました。

 

世界的に有名な自動車メーカーのフォルクスワーゲンがディーゼル車の排気ガスの規制を不正に回避していたことが米環境保護局(EPA)によって明らかにされたのです。

 

 

この事実が発覚した当初は、そこまで大事にならないなんて見解もあったそうですが、この不正をしていた車がなんと世界中で1000万台を超えることが判明すると、事態は急変しました。

 

 

発覚したのはアメリカ当局が行った、窒素酸化物の排気量を確認する検査がきっかけでした。

 

 

フォルクスワーゲンが行った不正はとても巧妙であり、排ガス規制を避けることの出来るソフトウェアをディーゼルエンジンの制御モジュールに組み込んでありました。なんとこ
のソフトウェアは、排気ガスを検査する際、排気ガスの検査が行われることを自動で認識し、排気ガス規制の対象となっている窒素酸化物の排気量が、実際に走行している時に比べて少なくなるようにしていたそうです。

 

 

 

また、排気ガスの検査をするときのみ、浄化システムを起動させることで窒素酸化物の排出量が少なくなるように画策していました。

 

 

排気ガスを少なくみせるようなソフトをディフィートデバイスといい、アメリカでは使用することは違法となっており、日本でもこういったソフトを使用しないように自動車業界が規制をかけているくらいなのです。

 

 

そういった違法的なソフトをフォルクスワーゲンは巧妙に利用していたのです。つまり、通常では規制されている窒素過酸化物が多く出ているのにもかかわらず、排気ガスの検査の時には窒素酸化物が少なく出るようにしたり、浄化システムを起動させて車の排気ガスの基準値をクリアしていたのです。

 

 

この排気量は規定値のなんと10〜40倍もあったそうです。この事実が判明した後、対象の車種が人気車種のビートルやゴルフなどにも不正ソフトが組み込まれていることが暴かれ、フォスクスワーゲンの最高形成責任者であるヴィンターコーン氏が辞任することになりました。

 

 

ですが、この問題はドイツ内にとどまることなく、欧州だけでなく世界中に発展してしまっています。問題発覚以前のフォルクスワーゲンは、環境に良い車を出していると信じられているメーカーでしたが、実際には燃費と排気量を事実とは異なる情報で車を販売しており、環境に悪影響の車を世界中に販売していたことになります。

 

 

 

アメリカ当局や消費者など世界中の人をだましていたのです。フォルクスワーゲンの制裁金はなんと2兆円をこえることになるかもとの予想もあり、かつこういった不正を行っていたことが世界中に判明してしまったことにより、いままで培ってきたブランドイメージが悪くなってしまった以上、今後の車の売り上げには大きく影響し、経営が傾くことは間違いないといわれています。

 

 

事実、フォルクスワーゲンから他社に車を乗り換えたり、ディーゼル車から電気自動車やハイブリット車へ乗り換える人が増えているそうです。

 

 

たしかに、ディーゼル車だけでなく他のフォルクスワーゲンの車のどれもが疑わしく思えてきますよね。世界中でフォルクスワーゲンの不買運動が広まりつつありますが、このままこの疑惑をもたれたままではフォルクスワーゲンは倒産してしまうのではないかなんて予想もあるくらい、この不正はフォルクスワーゲンにとって自らの首を絞める結果となってしまったと言えます。

 

 

 

また、こういった不正によって検査を回避できてしまうという事実は、今まで行ってきた検査の正確性や信頼性にも疑問がもたれるようになり、今後の検査方法を考えて行く必要があるでしょう。世界中に不正で基準をクリアした車が走っているため、こういった車をどうしていくかも考えなければ行けません。

 

 

環境に悪い車が1000万台以上もあるのです。リコールするにも莫大なお金がかかるでしょうし、フォルクスワーゲンの行った不正はそれだけ悪質だったのです。今後のフォルクスワーゲンに対する制裁と、今後の対応に世界中が注目しています。

 

 

乗り換えるなら、無料で車査定しませんか?