車の維持費の筆頭頭・・それが自動車税

自動車を持っている以上、絶対に支払わなければいけないのは自動車税です。

 

毎年のように自動車税の通知が来る時はせつなくなりますよね。

 

 

ただでさえ、自動車を持っていると維持するのにお金がかかってしまいます。

 

自動車税はもちろんですが、他にも自動車保険であったり、ガソリン代であったり、乗っている以上様々な部品も消耗していくため定期点検や部品の交換費など、自動車を持っていると維持費がとてもかかります。

 

 

その中でも毎年確実にやってくる自動車税は家計に大きな負担となります。

 

 

毎年5月に送られてくる自動車税の納付通知書が届くと憂鬱な気持ちになりますよね。

 

 

自動車税は乗っている車によって異なりますが、3〜5万円ほどの金額が必要であり、これは車を持っている以上必ず支払わなければいけないものです。

 

自動車税を滞納してしまい、期日までに支払わなかったらどうなってしまうのでしょうか?

5月といえば年度が変わって仕事も忙しい時期です。仕事の忙しさなどで自動車税の納付通知書の事を忘れて支払わないなんて人も案外多くいます。そのため夏くらいまで放置しておいても以外に大丈夫な事が多いようです。

 

 

ですが、自動車税も立派な税金であり、それを滞納し続けてしまうと財産の差し押さえなんてことになってしまいかねませんので注意が必要です。

 

 

事実、法律上では納税の期限後1ヶ月を越えてしまうと差し押さえをすることができるようになってしまうそうです。自動車税の納付期限は、5月末までとなっており基本的にはその間に支払ってしまえば何ら問題がありません。

 

 

ですが、この期限をこえて自動車税を滞納してしまうと延滞金が発生することになってしまうので注意しましょう。延滞金は2−3カ月の遅れくらいであれば数百円程度の金額で済むので案外少ないです。また、1000円を超えなければ延滞金が発生することはないので、実際は多少遅れてしまっても延滞金を発生させることなく最初の金額を支払うだけで済むことが多いです。

 

 

 

ですが、延滞金が発生している場合、通常では支払うことのできるコンビニでの支払いが出来なくなるので注意しましょう。

 

 

期限が切れてしまった納付所はコンビニでは支払いがダメですが、各金融機関や自動車税事務所で支払う必要が出てきます。コンビニで手っ取り早く支払うことができなくなり、手間がかかってしまうことになります。

 

 

多少の延滞であればこれくらいで済みますが、延滞が続いていってしまうと大変な事になります
。まず税金を支払っていないため、それをしっかりと支払ってもらおうと財産の差し押さえが始まります。

 

 

 

いきなり差し押さえが行われるのではなく、税務署長から財産の差し押さえ通知書が送られてきます。この財産の差し押さえとは、自動車、給料、不動産、債券などの財産となってきます。無職であったり差し押さえるような貯金がない場合は自動車を持っていかれてしまいます。

 

 

 

また、給料所得がある人は、なんと働いている会社に差し押さえの通知書が届いてしまうことになってしまい、会社の人に自動車税を滞納していることがばれてしまいます。

 

 

 

とはいっても、そういったケースはまれであり、基本的には預貯金から自動車税分をさっぴかれることになります。この貯金額が自動車税分に達していない場合、差額が差し押さえ通知書として届くことになります。

 

 

 

預貯金がなかった場合は給料から差し引かれることになります。

 

 

とはいっても、給料すべてを差し引いてしまうとその月の生活が大変になってしまうからか、最大でも給料の25%くらいまでしか差し引かれることがないそうです。以上のように、自動車税の滞納はずっと永続的に行えるものではありません。

 

 

 

自動車税も立派な税金であり、納税は国民の義務であり、車を乗っている以上は自動車税を支払うことは絶対に避けられません。納税を怠って、無駄な延滞金を支払ったり、財産の差し押さえなんてことになってしまわないように、しっかりと5月末までの期限を守ることが無難でしょう。

 

 

 

お金がなくてどうしても5月までに払うことができなくても、いがいに遅れても大丈夫なように猶予が設けられているみたいですので、遅くても夏までにはしっかりと支払うようにしましょう。

 

 

車の処分はコチラをチェックしてから・・・