ディーゼル車の規制知ってますか?

以前は良く走っていたディーゼル車ですが、現在では東海・関東などの人が多く住んでいる、いわゆる人口密集地域の中でも特定の定められた地域によってディーゼル車の登録が規制されています。

 

 

地球温暖化の原因ともされている排気ガスを制限するため、年々排気ガスの規制は厳しくなっています。

 

 

2002年からディーゼル車についての規制が開始となり、初期登録から8〜12年の猶予期間が定められましたが、最近ではこの期間に影響してしまう車が増えているのでディーゼル車の処分をどうしようか迷っている人が多くそういった問い合わせが各市町村の役所に殺到しているそうです。

 

 

 

自分の住んでいる地域ディーゼル車の規制をしている地域であった場合、登録が出来ずに車検が通らなくなる可能性もあります。

 

 

それを無視して乗り続けるなんてことをしたら、最悪の場合6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金という罰則を科せられる可能性もあります。

 

 

もしも自分の住んでいる地域がディーゼル車を規制している場合は買い替えを検討した方が良いでしょう。また、この先住んでいる地域が規制が掛かってくる恐れもあるので、基準を満たさないようなディーゼル車は早いうちに処分した方が良いと思います。

 

 

 

では、ディーゼル車の処分は売却もしくは廃車のどちらがよいのでしょうか?

実際に規制が始まっているディーゼル車ですし、そんな車を買い取ってもらえるのか不安に思っている人はいないでしょうか?買い取ってもらえる可能性がないからと思って廃車にしようと思ってはいませんか?ちょっと待って下さい。

 

 

 

確かに規制が厳しくなってきた日本ではディーゼル車は人気がなく購入する人は少ない事に間違いはありません。

 

 

ですが、そえは日本の話であり、海外ではディーゼル車の人気はまだまだ高く、ガソリン車よりもディーゼル車の方が人気のある地域だってあるんです。そのため、海外へ車の販売を行っているような買取業者にディーゼル車を売却する事ができます。

 

 

 

よほど走行距離がいっていたり、ぶつけて車体が傷だらけの様な車でなければ十分買い取ってもらえるでしょう。

 

 

下手に廃車にすると廃車の手数料や、業者への委託料がかかってしまいます。買取であれば、最悪0円でも買い取ってもらえるので無駄な出費がなくなるでしょうし、車体の状態が良ければ結構高い金額で買い取ってもらえる可能性は十分にあります。

 

 

 

日本で規制が掛かっているから買い取ってもらえないと思うのは大きな間違いです。

 

 

廃車にすることなんてせず、まずはディーゼル車を専門に扱っているような業者に見積もりを依頼しましょう。今ではネットで簡単な見積もりを出したり、ディーゼル車を買い取ってくれる業者を簡単に見つけることもできますので、まずは情報を集めましょう。

 

 

せっかく長く乗ってきた車です。少しでも高く買い取ってもらい、別の場所で走ってくれたほうがいいに決まっていますよね。

 

 

下取り・廃車する前に無料買取をやってみたい方はコチラ