廃車になった車はどうなるか知っていますか?

廃車になる車のほとんどはリサイクルされます。

 

 

解体される車はパーツごとに分けられ分解されます。

 

自動車リサイクル法によりシュレッダーダスト・エアバッグ類・フロント類は自動車メーカーや輸入業者によって処理されます。

 

鉄やアルミニウムやレアメタルなので金属は原材料として再販されます。

 

 

海外へ向けて輸出することが多く、アジアや中南米にも多く輸出されます。輸出の主力はエンジンとミッションです。

 

メンテの行いやすさから海外ではマニュアル車が好まれます。20万q走っていても海外ではとても重宝されます。

 

特に三菱のエンジンは人気がありますので、三菱車は海外向けに買取も高くなるかもしれませんね(事実パジェロなどはとても人気があります)

 

 

海外ではオーバーホールや部品交換をして何十万qも走っている車がザラにありますので廃車にした車たちの部品も役立っていることを実感します。

 

得するプチ情報

今現在は乗れなくなった車でも廃車にして部品やパーツごとに販売することが多くなっているため、廃車にするのに自分でお金を払わなくても買取業者が買い取ってくれたり最低でも引き取りはしてくれますので廃車にしようと思ったらまずは買取見積もりサービスを利用しみましょう。

 

 

愛車を手放すならこちら