下取りで得することと損することをまとめてみました

車を手放すとき,多くの人が次の車を購入するタイミングで行うと思います。

 

その際、前に乗っていた車の行き先は、下取りもしくは車買取業者などでの買取になります。

 

たいていの人が、車を購入してそのまま前の車を下取りしてもらうという方法をとっています。

 

車の下取りで有利に働くことと、逆に不利に働くことがあることをしっていますか?これを知っていないともしかしたら損をしてしまうかもしれませんよ。

 

下取りが有利に働くこと

下取りの一番の利点は、その手軽さです。やはり車を購入した際、その店でそのまま下取りをしてもらうことができるので、車の購入と下取りが同時に行えてしまいます。

 

新車の見積の際に、一緒に下取りの見積も可能です。新車の値引き交渉の際、下取りの車があると、その下取りの額をつり上げるなんて方法で、新車をお得に購入できてしまうなんて事もできてしまいます。

 

また、車を購入するところと同じ店で査定してもらえますので、わざわざ車買取業者に車を持って行く必要もありません。

 

買取業者の金額に納得がいかず、何件も回るなんて事もざらにあります。そういった手間が下取りであればまったくかかりません。新車が届くのと同時に今の車を引き渡すことになりますので、代車を借りる手間もありません。

 

買取業者では、引き渡しと新車の納車日がずれるなんてこともありますので、そういったときはどちらかで代車を借りるなんて手間がかかってしまうこともあります。下取りであれば、納車と引き渡しが同時ですので、とてもスムーズに車の交換が可能です。以上の様に、下取りで行う事は、様々な手間を省くことができます。

 

下取りが不利に働くこと

逆に下取りが不利に働くことはなんでしょう?それは下取りの額は買い取りの額よりも低く出る傾向にあることです。

 

下取りというのは、どうしてもディーラーを介してから中古車販売店へ引き渡すことになるので、その中間マージンが発生してしまうことから、査定額が低くでやすいのです。同じ車でも買取と下取りでは数万円もかかってしまうなんてこともあります。

 

また、下取りでは最初の見積の段階で低い金額を提示して、あとの交渉で、新車の値段が下げれない分をその下取り額を上げてあたかも得をしたかのようにみせることがあることです。

 

正確に自分の車の価値を知っておかないと、得をしたように思っても意外に損をしているなんて事があるかもしれません。

 

買取であれば手間はかかる物の、いくつかの買取業者を回ることで自分の車の価値を知ることができます。下取りを行う人の多くが、買取業者での価格を知らずに手放しているという現状があります。

 

中古車市場での自分の車の価値を知るのであれば、ディーラーよりも車買取業者で査定をしてもらった方がよいでしょう。

 

以上のように、車の下取りを行うと言うことは、有利な点と不利な点が存在します。どちらもちゃんと知っておくことで、自分の車を手放す際、損をすることなく次の車をお得に購入することができるかもしれません。

 

 

下取りのメリットとデメリットはしっかりと把握した上で、検討する事をオススメします。

 

 

下取り前に無料査定で相場を確認しませんか?