個人での売買はメリットもデメリットも理解してから行いましょう

乗らなくなったり、古くなってしまった車を手放す方法としては、廃車もしくは売却することが主になるのではないでしょうか。

 

廃車は動かなくなってしまったり、事故をして買取をしてもらえないような状態になった車などが主になるため、ほとんどの人がどこかで車を売却することになるのではないでしょうか?

 

売却する方法は大きく2つに分かれますが、一つは中古車買い取り業者に買い取ってもらう方法と、少ないですが個人同士で売買をする、いわゆる個人売買です。

 

また、車を新しく購入する場合にはディーラーなどに下取りをしてもらうという方法もあります。

 

中古車買い取り業者への売却や、ディーラーでの下取りは、専門家を通して買取をしてもらえるため安心感が高いですが、個人売買はどうなのでしょうか?

 

 

個人売買とはその名の通り、売り手と買い手が直接交渉して、お互いが納得いく金額や条件になったら売買が成立する方法です。

 

買取業者や販売店などを間に入れることがないため、中間マージンが発生しないため、車を売る方法として最も高く売ることのできる方法の一つです。

 

ですが、高く買取が出来るかもしれないと簡単に思うと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があるので注意が必要です。

 

確かに業者を介さない分高く売買できるかもしれませんが、その反面業者を通すことなく売買するということは、何も保証がないに等しいです。購入する側にとっては車がどのような状態なのか、直接車を見るまでは十分に信用ができないですし、事前に知らされている情報が嘘の可能性もあります。

 

こんなトラブルに巻き込まれることも・・

例えば、無事故との情報が実は事故車であったり、車の装備品が情報と異なっていたりなど、売り手も素人の場合、正確な情報でない可能性もあるんです。また、売る側にとっても、買い手がちゃんとお金を支払ってくれるか分かりません。

 

車を渡してお金が支払われずに車だけ持っていってしまうかもしれません。

 

専門家をはさむことがないので、個人売買はお互いの信用で成り立つのですが、それが知人ではなく見知らぬ人同士ですので、その信用もあるとはいえません。

 

そのため、そういったトラブルを避けるため、個人売買では車を引き渡す時と、お金の支払いのタイミングをしっかりと合わせることが大事です。

 

基本的には引き渡しと受け取りを同時に行うことが無用なトラブルを避けることに繋がります。どちらか一方から引き渡しや支払いを行うことは辞めた方が無難です。車を渡してお金が支払われない、お金を支払ったのに車を引き渡してもらえないなどのことが起きないようにするためには手間でも手続きは同時に行いましょう。

 

 

車の個人売買には高いリスクがあり、トラブルが起きる可能性があります。

 

個人同士ですので、何かあったら業者にまかせることなく自分で行わなければいけないんです。こういったリスクやトラブルが起きてもちゃんと対処できる人は個人売買をしてもいいでしょう。

 

 

ですが、自信のない人は下手に個人売買に手を出して痛い目を見るよりも、買取専門業者に依頼する方が安心ですし、廃車をするような車であったら廃車専門の業者に依頼した方が無難です。

 

中には廃車寸前でも買い取ってくれる業者もあるので、手数料を支払ってでもリスクを避けて安全に車を手放せた方がいいですよね。

 

 

個人売買するのであれば、事前にしっかりと知識を入れたうえで行いましょう。

 

 

信頼できる会社の無料査定を受ける方はコチラ