悪質な車買取業者や廃車業者の見極め方

車が必要なくなったり、新しく車を購入するとなった場合、車を手放す方法は様々です。

 

ディーラーに下取りに出したり、車買取業者に売却したり、廃車業者に依頼して廃車にしてもらったりなどが一般的です。

 

どの方法も専門家に依頼するので安心して手放すことができると思いがちですが、世の中には悪徳業者というものが存在し、それは車業界も例外ではありません。

 

悪質な車買取業者や廃車業者とはいったいどのような得行があるのでしょうか?

 

悪徳業者の見極め方を知っておかないと後でとんでもないことになってしまうかもしれませんのでしっかりと確認しておきましょう。

 

悪徳業者の手口の実態とは?!

買取業者の悪質な手口としては、多くが訪問見積もりの際に起こりやすいと言われています。その手口は無料で訪問すると言いながら出張料を請求する、強引に車買取にサインをさせて車を持って行ってしまう、タダ同然の値段で買い取っていってしまうなどがあります。

 

 

実際に自宅に来ることで安心感を抱かせるのですが、実際には見積を出した段階では高く出し、正確に見積もりを出したいからと車を持って行っていくか直接店に持ち込ませて、車に傷が付いている、車内の状態が悪かったなどと難癖をつけて減額していき、最初提示した額よりもかなり低い金額で買い取ってしまうなんてこともあります。

 

 

実際にはもっと高い金額で売れるものをあえて低い金額で買い取ることで悪徳業者は儲けていますので、ちゃんと自分の車の価値を知っておかないと大損してしまうことにもなります。

 

 

中には見積額で提示した額を支払わずに連絡を途絶えてしまうことがあったり、車の名義変更などの手続きが行われていなかったり、中には見積額には名義変更代を入れておらず、後から名義変更代を請求するなんてとんでもない業者も存在するんです。

 

 

買取を断ると脅しともとれるような発言をするところもあるので、高齢者や女性などは泣き寝入りをしてしまうケースもあるんです。そういった業者のほとんどが無料訪問見積もりを売りにしているところが多いです。

 

もちろん大抵の業者が無料訪問を行っていますので、訪問をしているイコール悪徳業者ではありません。

 

 

ですので、悪徳業者を避けるのには聞いたこともないような業者は避け、テレビや雑誌などで見かけるような大手で評判の良い業者を利用することが確実です。自宅で見積もりをしてもらった際に、その日のうちに契約させようとする業者は疑いましょう。他の業者と比較させないようにしたいだけかもしれません。また、見積もりの詳細を教えないところもかなり怪しいので注意しましょう。見積額に名義変更などの車売却時に必要な手続きの手数料が込みなのかも確認しましょう。

 

 

ここまでの見積額での注意点は廃車業者も同じですが、廃車業者ではさらに注意する点があります。

 

 

それは、車の廃車する場合には1年分まとめて支払ってある税金の還付があることや、自賠責保険の返金などがあることが普通なのですが、これらの説枚が全くしてくれない業者は少し注意が必要です。

 

 

もちろんこの説明をすることは義務ではありませんが、廃車には税金などの還付はよくあることですので、優良業者であれば説明することが当たり前になっています。

 

 

聞かれれば説明するが、聞かれなければ知らないことをいいことに、これらの還付金をこっそり受け取るなんて業者もあるんです。もちろん説明する義務はありませんので、知らなかった売却側の落ち度としか思っていないのかもしれません。

 

 

ですので、そういった業者を儲けさせる必要はないんです。この説明を全くしてこなかったら怪しいと思い、説明を聞いても応えてくれなかったりはぐらかすような業者は悪徳業者と思った方が良いでしょう。(⇒良い廃車業者を選ぶコツ)

 

 

信頼できる会社の無料査定を受ける方はコチラ