自分で廃車にすると手間がかかるので業者にお願い・・が増えています

車を廃車にする際、自分で行う事も可能ですが、陸運局や軽自動車協会、保険会社とのやりとりなど手続きはとても煩雑であるため、廃車を代行してくるれる業者に依頼する方が無難です。

 

 

廃車を代行する業者は様々です。ディーラーであったり、中古車買い取り業者でも廃車の代行は可能ですし、車の解体業者なども廃車を代行してくれます。

 

また、車の廃車を専門に行っている業者なんてものもあります。

 

廃車の代行業者はいくつかあります

@ディーラー

新車を購入する際、今まで乗っていた車の状態が悪ければ、下取りをしてもらうことができませんので、ディーラーに廃車を依頼することになります。基本的に下取りをしてもらえないため、その車の価値はないため引き取りの際に発生するお金は0円です。逆に廃車にするための手数料や廃車の費用を請求されることになります。

A中古者買い取り業者・販売業者

中古者を購入する場合も、今までの車を下取りしてもらう際、車の状態が悪ければ下取りとはならず、廃車にするしかありませんので、ディーラーと同様に下取り価格は0円で、廃車の費用を請求されることが多いです。中には車のパーツ販売を行っているところでは、廃車前に車の使用できる部品はばらして販売することもあるため、下取り価格は0円でも部品の価格として廃車の手数量が無料になるところもあるそうです。中には少しお金をもらえることもあります。

B解体業者
 


車を解体してリサイクルすることを専門としている業者です。車の部品はたとえ動かなくなった車でも、タイヤは再利用したり燃料になります。また、ドアや内装なども再利用できるものはそのまま解体して利用することもあります。電子部品などに使用されているレアメタルは希少価値が高いですし、車の大部分を占めている金属部品も再利用できるので、それらを解体して売却スしている解体業者では、ディーラーや中古車販売・買い取り業者で下取りをしてもらえなかった車でも、積極的に買い取ってくれるところが多いです。解体前にもちろんその車を廃車の手続きを行う必要があるため、廃車の代行を行ってもらえますし、車を解体してリサイクルする分、部品代として買い取りをしてくれることが多いです。

C廃車を専門に行っている業者
 


車の廃車の代行をメインに行っている業者なので、車の廃車後に関しては解体業者やパーツ買い取り業者などと提携しているところがほとんどです。廃車の手続き後は、解体業者やパーツ買い取り業者などに委託をするため、中間マージンが発生していることから買い取り価格は低めになることはありますが、廃車後もお金になるため、解体等の費用を請求されることは少ないです。

 

 

以上のように、車の廃車を代行してくれる業者はいくつかあります。

 

その種類によって手続きや手数料は変わってきますので、一度見積もり等を出してもらって比較するといいですよ。
今は廃車でも一括で見積もりをすることができるサイトもありますので、一度自分の車の廃車費用がいくらかかるか確認することをオススメします。

 

 

廃車にする前に無料査定をしませんか?