改造車の廃車・買取事情は?

車に様々なカスタムパーツなどを取り付けてあるいわゆる改造車は、昔よりもパーツの種類が豊富となり、昔は暴走族などが改造して自分を主張するようなイメージでしたが、今では一般の人でも気軽に行えるようになってきています。

 

 

ですが、いざその車を手放そうとする時、改造してある車は廃車や買取が可能なのでしょうか?

 

結論から言うと、廃車や買取は改造車であっても条件はありますがどちらも可能です。
特に廃車は、その車を永久抹消登録するだけですので、一般的な車と手続き上で特に大きく変わるわけではありません。

 

 

近くの運輸局もしくは軽自動車検査協会に車を持ち込み、そこで手数料を支払って廃車の手続きを行います。車検証や印鑑など手続きに必要な物を用意していくだけです。

 

では買取はどうなのでしょうか?改造車の買取となると一般の車に比べると買取を行ってくれる業者は少ないのが事実です。

 

 

基本的に車買取業者は車を購入した状態のまま、いわゆるノーマル車が好まれる傾向があります。というのも、中古車を購入する人も改造車を好む人は少ないため、買取をしたとしても売れる可能性がノーマル車に比べれば低いため、査定額が低かったり、中には買取を拒否している業者もたくさんあるのです。

 

 

社外品を車に取り付ければそれは立派な改造車となり、いくら見た目が格好よかったり、改造にかけたお金が高額であったとしても、改造車というだけで断られてしまう可能性は高いです。

 

 

改造にかけた額でもう1台車が購入出来てしまうくらいお金をかけている車であったとしても、査定が改造してない方が高いなんてこともあるそうです。中古車市場においては改造車はどうしても一般的な車に比べて需要が低いようです。

 

 

ですが、だからといってせっかく愛情込めて改造した車を少額で手放すのはもったいないですよ。需要は少なくても改造車が好きな人がるんです。そのため、一般的な車の買取業者ではなく、改造車を専門に買取している業者に依頼をすると、査定額が一般的な買取業者に比べて数万〜数十万円も変わってくるなんてこともあるそうです。

 

 

改造車を専門に取り扱っているため、購入しに来る人も改造車が好きな人となるため、売れる可能性が高くなります。
そのため一般的な買取業者よりも高額で買取をしてくれる可能性が高くなります。また、改造車にはもともと高額なカスタムパーツがついているので、それらをはずして個別に販売をすることもあるそうです。

 

 

とはいっても、法定検査でひっかかるような違法な車はどこでも買取をしてもらうことはできませんので、違法なパーツなどはとりはずしてから買取査定をしてもらうようにしましょう。いくら改造車を専門に取り扱っているとはいっても、違法な車はさすがに買取をすることはできませんので注意しましょう。

 

 

改造車はどうしても買取をしてくれる窓口は狭いものの、それを専門に扱っている業者に依頼することでちゃんとした査定を出してもらうことが重要です。

 

 

以上のように、改造車であっても廃車・買取ともに行いことは可能です。改造車の買取は一般的な車に比べれば行いにくいものの、専門の業者に依頼することで高額に売却することができる可能性はありますので、専門の業者に見積依頼をすることをおススメします。

 

 

廃車にする前に買取依頼をしましょう