中古車市場が持ち直してきているんです。

ここ最近、例え中古車でも状態良好で「これは買いだ」という車が多く出回っています。

 

リーマンショックで一時落ち込んだ景気も徐々に落ち着きを取り戻し、2014年の現在は回復傾向にあります。

 

この流れに沿って自動車メーカーの売上げも好調の流れです。

 

新車が売れれば手放す人も多くなり、中古車市場は潤います。随分中古車市場も活気を取り戻していると見て取れます。

 

相変わらず軽とエコカーの人気は凄い

最近の中古車市場は、相変わらず軽自動車が人気です。

 

スズキ・ワゴンR、ダイハツ・ムーヴ、タント、ミライース、ホンダ・NBOX、日産・デイズ、三菱・eKワゴン。

 

これらは人気が高く、買う側としてはあまり低価格で購入できない可能性があります。
裏を返せば、売る際は思いがけない高価格で売却できる可能性があります。

 

カラーでは、パールホワイトやブラック、シルバーなど、無難な色が人気となっています。普通車では、コンパクトカーが熱い支持を得ています。
トヨタのプリウスやアクアは人気が高く、中古車でも状態が良ければすぐに売れてしまいます。

 

 

新車の売れ行き台数も断トツで高いので、中古車でも随分出回っています。
ハイブリットなので燃費も良く、特にアクアは男性女性共に指示が高いです。

 

アクアはトヨタが生み出した最強のハイブリットカーと豪語するだけあって、燃費は最高で1L当たり40q!常識では考えられないほどの燃費効率を誇ります。

 

低燃費の車が今後も主流になるでしょう

ここ数年の自動車業界はまさに「低燃費戦争」です。エコカーは低燃費もメリットですが、地球に優しくクリーンだというイメージの良さも買い手は影響されています。しかもデザインも申し分なく、女性でも楽々運転できます。

 

 

ハイブリット業界を常にリードし、プリウスの一大ブームを巻き起こしたトヨタですが、ここにきてアクアの人気は衰えません。
色も男性に好かれるブラックやホワイトから、女性好みのオレンジやブルーといった、一昔前では目立ったであろうカラーまで、中古車業界でもとにかく全色人気です。

 

 

勿論プリウスも引き続き人気です。デザインも年々チェンジしているので、中古車業界でも新しくより洗練されたデザインが人気となっています。ホンダのフィットも人気が続いています。ハイブリットタイプも人気ですが、あえてハイブリットでないフィットを、中古車専門店で安く購入という人もいます。

 

 

日産ではノートが人気です。ミニバンですと、日産のセレナ、エルグランド、トヨタのアルファード、エスティマ、ホンダのステップワゴンが人気です。ミニバンを新車で買うとなると、案外高くて5ナンバーに格下げする人が多いですが、あえて中古でミニバンを購入し、その際3ナンバーに格上げする人が多いです。

 

 

これは先程説明したトヨタプリウスでも言えますが、新車だと高いからあえて高価な中古車を・・・という考え方ですね。
少々高い値段の中古車でも、新車よりは安いからという考えで購入する人達が増えています。

 

 

セダンやスポーツカーは、中古車市場でも人気はそれほど高くありません。しかし高級セダンを中古車専門店で物色する人は多いですし、新車のスポーツカーは高いから中古で探しているという人もいます。マニア向けですと、案外高値で売れたりして面白いです。

 

 

車購入の前に買取り価格を調べませんか?