日本より海外のほうが車を長く乗るんです

車を中古車業者などに売る際、年式が古くなったり、事故車だったり、走行距離が長くなっていたりするとどうしても査定額が低くなってしまう傾向にあります。

 

買い替えなどで下取りに出す時には査定が0円なんてことがあるかもしれません。

 

ですが、車種によっては高い額がつくことがあります。たとえ20万キロをはいっていようが、10年以上前の車であろうが、必要とするところがあるんです。

 

それは国内ではなく海外で必要とされることが多いです。

 

国内では人気がなくても海外では日本の車は壊れにく、しっかりと走るのでとても人気があるんですよ。
海外で日本車を新車で買うには値段が高すぎる為、中古車で走行距離が長かったり年式が古い方が値段が安いので、たとえ中古車でも日本車の需要はとても高いんです。

 

どういった車が人気なの?

海外では意外に走行距離は気にされず、車の外観も中古車であれば意識されないことが多いとのことです。

 

それよりも物が多く入ったり、人がたくさん乗れるような大型の車が人気があり、見た目よりも実用性によって人気が変わってくるそうです。

 

プロボックスなどのいわゆる商用車は、日本では人気があまりありませんが、海外では意外にも物が沢山載せれるとのことでとても人気があるんですよ。

 

 

また日本車の中でもやはりトヨタのネームバリューはすごいらしく、昔は一切を風靡したカローラも、日本では今やあまり人気は落ちているものの、海外ではカローラの名前はすごいらしく、走行距離・年式に関係なく需要はとても多いんですよ。さすが世界のトヨタですね。

 

マニュアル車の方が人気?!

また、意外かもしれませんが日本ではオートマ車が主流となった現在では、今やほとんど需要のないマニュアル車でも、海外では人気があるそうです。その理由はマニュアル車の方がオートマ車よりも耐久性に優れており、修理する際も易くなるからとのことです。
操作のめんどくささはあまり関係がないみたいですね。操作の煩雑さよりもやはり壊れにくく、修理する際にもお金がかからない方が人気があるんですね。
海外では日本のようにしっかりと舗装された道ばかりではなく、でこぼこ道などの荒れた道もたくさんありそこを走ることになるので、少しでも車の耐久性などが高くて壊れにくい車に人気が行くのも納得がいきますね。海外では日本車を30万キロ以上乗っている人もたくさんいますし、塗装がはげたりへこんでいても走ればいいと思っている人が多いんです。

 

人気の車種は?!

外観よりも丈夫で長く走れる車に人気があるので、日本とは異なりますね。ちなみに海外で人気が高い車は、ランドクルーザーやエクストレイルなどのSUV、ハイエースなどのワゴンタイプが良く売れるそうです。どの車も大きくて荷物や人がたくさん乗ることができるので需要が非常に高くなっています。たとえ自分の車が古くても、その車は海外では人気があるかもしれません。国内向けの中古車業者だけではなく、輸出向けの中古車業者に見積もりを依頼してみることも検討してみるといですよ。思わぬ金額がつくかもしれませんよ。

 

廃車にする前に一度買取査定しませんか?