廃車業者はどうやって選べばいいの?

車の年式が古くなった

 

走行距離が10万キロを超えた

 

 

車検を通すに当たり色々直す必要がある等々

 

車を手放したくなった時、一体どこに依頼すればいいのでしょうか?

 

新車に買い替える時なら下取りに出すことも可能ですが、そうでない場合は、年式の古さや走行距離が長距離になっており、売るに売れなくなってしまった時、廃車にする決断が必要となってきます。

 

しかし、廃車の手続きとはどういったものなのか知っている人は少ないと思います。
廃車となった場合は廃車業者に頼むのが一番ですが、どこの廃車業者に頼むのがいいのでしょうか?

 

廃車業者も色々あります

自動車の廃車業者は全国に多数あるますが、すべての会社が同じように車を解体してリサイクル処理を行っているわけではありません。

 

一昔前は車を細かく砕き、シュレッダーダストにしてから埋め立てをされていましたが、リサイクル法の施行によって車の部品の約80%がリサイクルされるようになりました。

 

エンジンやドアなど使用できる部分はそのまま、また車体などは解体され鉄として、タイヤは燃料として、電子機器に使用されているレアメタル等々、車の多くの部分が再利用する価値があり、しっかりとリサイクルされているんです。

 

廃車業者によっては車の部品のほぼ100%をリサイクルしているところもあります。
そういった業者であれば、リサイクルできる部品が多いことから引き取る車の価値があがります。

 

そのため、廃車にかかる料金が他社よりも安くなる可能性があります。車の大部分をリサイクルしようとしている業者は、地球環境に対して真摯に取り組んでいるといえるため、環境に対してもユーザーにたいしても優良な業者といえるのではないのでしょうか?

 

廃車後どのように処理するかを説明してくれる業者がいい?

自動車の廃車業者を選ぶ際、廃車した後に車をどのように処理をして、それをしっかりと説明してくれるところを選ぶことが大事ですし、信頼につながると思います。現在は日本での年間に廃車される台数はなんと400万台にのぼると言われています。

 

その車を廃車にしているため、それだけ多くの廃車業者があるので、中には適切に処理をしていない業者もやまほどあります。
オイルや不凍液などをしっかりと処理をせずにそのまま垂れ流しになっていたり、中には不法投棄をしているような業者もあると聞きます。

 

そのような業者では当然車の廃車費用を高く請求してくる傾向にあります。大事に乗った自分の愛車がそんな処理をされたら悲しいですよね。

 

廃車を決めたなら、ネットでホームページを見たり、パンフレットをとり寄せて、その業者の処理の仕方やリサイクル方法などを確認しましょう!

 

 

廃車にする前に一度無料査定しましょう