廃車レベルの車を買取る理由って何?

動かなくなってしまった走行不可能車のその後って、やはり廃車しかないよねって思う人は多いです。

 

しかしちょっと待って頂きたい!

 

廃車行きだと思い込んでいた不動車でも、買取ってくれる業者はあるのです。

 

ですから、もしかして自分の車も・・・?と思う節があるのなら、廃車手続きの前に業者探しをしてみましょう。

 

もしかして廃車処分になるかもしれませんが、それでがっかりする事はありません。
仮に自分で廃車手続きをした場合、解体業者で車の解体→その後廃車手続きに必要な書類を集める→陸運局にて廃車手続きを行う。この様な作業が必要となります。

 

時間もかかりますし費用も必要です。中には行政書士に頼む方もいますが、そうすると更に費用がかかります。

 

それよりも専門の買取り業者にお願いする方が、例え廃車処分になったとしても費用がかかりません。
それは何故なのでしょう?専門業者側は本当に得をしているのでしょうか?勿論商売ですから、得をしているのです。廃車レベルの車を買取る理由は、きちんとあるのですよ。

 

買取する理由を説明します

まず廃車レベルの車でも、部品に価値があるケースがあります。

 

エンジン・オーディオ・タイヤ・シート・等ですが、他にも細かな部品に価値がある事があります。

 

例え事故車や水没車でも、車が大破して燃え尽きでもしない限り使用可能な部品は山ほどあるのです。

 

買取業者側は、これらの車を解体する技術を取得しています。

 

解体して使える部品だけを取り除き、再流通させます。中古車ならば一般ユーザーにむけて車両を販売しますが、この場合は自動車工場などの業者に向けてパーツ販売するのです。

 

もう1つ、廃車レベルの車でも、マニアの中では喉から手が出る程欲しがる人もいます。部品だけでも欲しがるケースもあります。

 

例えばその人が1つの業者に依頼してあって、業者側は必至で顧客希望の車を探します。もしもあなたが売りたい車と顧客が願う車が一致していれば、思わぬ価格で買取って貰える可能性があるのです。ある業者からは価値のない車両でも、別の業者にとってはとても価値ある車へと昇格します。運も重なってきますが、それでも自分で廃車にするよりは可能性があります。

 

 

良く聞くのが、近所の買取り業者に不動車買取りの依頼をしたところ、あっさり断られたという事実です。

 

こうなるとどっと疲れが出てしまい、他に見積もり依頼する労力も失われてしまいます。こういう場合は、一括見積もりで自分の車を買取って貰える業者があるのか探してみましょう。あったら数社と競わせ、一番高値で買取ってくれる業者に決めれば問題ありません。

 

 

廃車専門の買取店では出張査定も行っていますし、車両の運搬も可能です。

 

これは嬉しい事で、査定のためにわざわざ業者まで車を運ぶ必要がなくなります。この車には価値がないと諦めてしまう前に、廃車レベルでも買取ってくれる業者を探す事が大切です。ガラクタ同然に見えていた車に思わぬ価格がついて、嬉しいやら勿体ないやら・・・という複雑な気持ちになると思います。

 

 

廃車レベルでも買取してくれる業者はコチラ