所有者が亡くなったり病気等で動けない場合の廃車手続き

車の所有者が亡くなったり病気等で動けない場合の廃車手続きについて説明します。

 

上記で「亡くなったり動けない場合」と言いましたが、「亡くなる」と「動けない」では全然違ってきます。

 

「動けない」=生きているので、この場合の廃車手続きは全く別物となるのです。

 

 

車の所有者が亡くなった場合の廃車手続き

車というものは、たとえ価値が0であっても資産になります。

 

土地と同じ様な感覚で、遺産分割をしなければいけません。

 

まず自動車の手続きとして「移転登録」を行い、名義をあなた自身に変更する義務があります。

 

ここで初めて廃車の手続き、抹消登録の手続きに取り組むことが出来ますが、相続した車は15日以内の名義変更が鉄則ですので気を付けて下さい。

 

手続きの際の必要書類

【相続人が一人だけの場合】

移転登録・抹消登録に必要な書類一式、相続人の戸籍謄本、印鑑証明、除籍謄本(所有者が亡くなった事を確認できるもの)、車庫証明書が必要。(住所が同一なら必要不可)

 

【複数の相続人から一人が相続する場合】

上記に加え、遺産分割協議書、相続人全員が記載されている戸籍謄本、協議で決定した相続人の印鑑証明が必要。また所有者の住所と相続する人の住所が違う場合は住民票、相続放棄の人がいれば放棄申述書等が必要。

 

【複数の相続人が共同名義で相続する場合】

相続人が一人だけの際に必要な書類一式に加えて、相続人全員分の印鑑証明が必要。また相続人が未成年の場合は、住民票・親権者の証明なども必要になり少々面倒になる。

 

車の所有者が動けない場合の廃車手続き

次に車の所有者が動けない場合の廃車手続きですが、この場合もまず「移転登録」をして名義をあなた自身に変更します。

 

車の持ち主がローンを組んで購入いていた場合は自動車販売会社か、その車のローンを利用している信販会社が所有者になっている場合があります。

 

一度問い合わせてみましょう。後は普通の廃車の流れと同じく永久抹消登録を行って下さい。面倒ならばお金はかかりますが、行政書士の方にお願いする事も可能です。