同じような言葉でも意味が異なります

車を新しくする際に、現在乗っている車をどうするか決めなければいけません。

 

人に譲ったりする以外、ほとんどがディーラーに下取ってもらうか専門店に買い取ってもらうかを選択するでしょう。

 

ではどちらがお得なのか、又は自分に合っているのか分かりますか?
答えを知りたければ、まず下取りと買取りの違いから勉強する事です。

 

 

2つの違いは何?

下取りについて

まず下取りですが、新車を購入する先で今乗っている車をディーラーに引き取ってもらう事を言います。
ディーラー側が査定してくれて、乗っていた車の値段が出ます。そしてその査定額の分だけ差し引いた額を、新しい車の購入額に当てる訳です。
下取りのメリットは、何といっても一つの車屋さんで事が済むので、次に購入する車が決まっていれば事が早く済みます。
更には新車の納車と同時に引き渡しが可能な為、代車の必要がありません。新車の値引きがあまりできない場合、下取り価格に上乗せしてくれるケースもあります。不人気車種でもある程度の価格で下取りしてくれるので、思い当る人は下取りの方が良いかもしれません。デメリットは他社の査定額はあまり反映されませんし、例え人気車種でも査定には関係ありません。事故車や水没車は査定額が0円になる事が多いです。(下取りのメリットとデメリットの詳細)

 

買取について

次に買取りですが、中古買取専門店などに車を売って現金に換える事を言います。新しい車を買う買わないは関係なく、今の車を売りに出して現金化するのです。
買取りの最大のメリットは、下取りよりも高値で売れる事が多い点です。特に最近はインターネットの無料一括査定がありますので、利用者側が比較できて有利に交渉ができます。買取り業者側は大変でしょうが、こちら側は有り難い限りです。下取りと違い現金化できますので、自分の車の価値が明確に分かります。下取りは新しい車の頭金の様な形になる為、正確な価値が分かりずらいです。結構高値で下取ってもらえた♪と思っていたら、値引き額が大きいだけだった・・・という事も有り得ます。輸入車や事故車を専門に扱う業者もありますので、その点も大きなメリットとなるでしょう。デメリットは、相場の変動が激しいので価格の安定は難しいです。複数の業者に持ち込みで査定してもらう際は、手間や時間がかかってしまうでしょう。

 

 

最近は買取りが人気ですが、一番良いのは両方から査定額を出してもらい、自分にはどちらが適しているかを見極める事です。ちょっと面倒ではありますが後々大きな差が出てきますよ。