車の所有者が誰か!が重要なんです

せっかくローンを組んで車を購入したのに、事故をしてしまったり諸事情で乗らなくなってしまった場合、廃車という選択を選ばざる負えない事もあります。

 

問題はローンが残っていても廃車にする事が可能かどうかですが、結論から言えば可能です。

 

但しその際には、その車の所有者が誰になっているのかがとても重要なのです。

 

 

“車を買った人が車の所有者でしょ?”とお考えの方も多いのではないでしょうか?実は私もそうでした。

 

 

だって乗っているのはまぎれもなく自分だしナンバー登録もしているし。

 

 

しかしそうではないのです。こうなると何だか不安になってきますよね・・・

 

 

自分の車の所有者って実は誰なんだろう?確認の仕方は案外簡単です、車検証の所有者欄を確認してみて下さい。

 

所有者欄に記載されている名前がその車の所有者になります。

 

まず所有者欄に記載されている名前があなた自身の名前だった場合、ローンが残っていたとしてもあなた自身の判断で廃車にすることが可能です。

 

ただし覚えておいてほしいのは、廃車にしたからといって車のローンが無くなるわけではありませんよ。ローン自体は払い続ける義務がありますから、それを踏まえた上でよく検討して下さい。

 

 

次に所有者欄に記載されている名前があなたでなく、ローン会社やディーラー名義になっている場合です。

 

 

この場合、ローンの返済が全て終了しなければ認めていないという所もある為、廃車にする事ができないという事態になる事も有り得ます。

 

 

但し所有権がディーラーの場合、ローンの種類を切り替えするという方法で廃車にする事も可能になったりします。この様な“条件付き”で認めている所もあるんですね。ここは臨機応変な対応を心掛けましょう。

 

 

事故などによる廃車に限っては、クレジット会社の承諾があれば廃車可能となります。但し廃車手続きが条件になるので、廃車証明などの提示が必要になります。その場合はディーラーやクレジット会社に相談してみて下さい。

 

 

どちらの場合もローンがチャラになる訳ではないので、ローン残額は一括で返済するのか、それとも分割で返済するのかなど、細かく相談して決めて下さい。

 

 

ローン有りでも廃車可能な査定会社はこちら