動かなくても廃車査定は可能です!

故障や寿命、事故等で動かないままの車を放置している人、ずるずると放置しているままでは自動車税ばかり取られて損をし続ける事になりますよ。

 

だからと言って無理に修理しようにも費用がかかって勿体ないです、まして動けない位の車ですと、エンジンやバッテリーに相当の損害があると思われますから修理費も相当高額になるでしょう。ですからこの様な場合は廃車にしてしまった方が良いと思います。

 

 

では動かない車を廃車にするには、どうすれば良いのでしょうか?

 

動かない車の処分方法

自分で廃車にする

この場合、廃車手続きをするには車検証やリサイクル券などを揃えなくてはいけません。それ以前の話ですが、車の所有者が自分名義であることも大前提となります。車の販売店と提携するローン会社で組んだローンが残っている場合は、一括返済と名義変更が必要になるのでご注意を。次に、動かない車では当然走行ができませんから引取業者への車の持ち込みができない訳です。そうなると、引取業者に車を取りに来てもらうことになります。この時「引取手数料」または「運搬手数料」という名前で、別に費用がかかる事を覚えておいて下さい。

買取業者を利用する

上の様にわざわざお金を支払って面倒な手続きをしたり解体業者に引取ってもらう位なら、買取業者に依頼する方が一番楽で無駄にお金を使わなくて済みます。例え売り値がタダだったとしても、買取業者に売ってしまった方が断然お得!お金以前に廃車に必要な手続き全部を代行してくれる訳ですから、こちから側からしたらその点が一番のメリットになる筈です。特に今回は『動かない車』ですから、運搬をお願いした後で自分自身は電車・バスなどを使っての慣れない移動を余儀なくされます。これが結構大変で、がくっと疲れてしまう人が多いです。

 

 

もう動かないから自分で廃車手続きするしかないか・・・と嘆く前に、一度試見積りだけでもしてみる事をお勧めします。

 

数万円の廃車費用を覚悟しながらも延ばし延ばしにしていた動かない車が、数万円の買取値へと変貌するかもしれませんよ☆

 

 

廃車の一括査定はこちら