事故車=廃車は間違いです

事故車は廃車にするしかないと思っている人が多い様ですが、それは間違いだという事を知って下さい。

 

今は事故車でも業者が買い取ってくれる時代なのです。

 

まず事故車とは勿論事故をした車です。

 

車対車でも車対物でもそれは同じことですが、例えば車の側面をこすった程度では事故車とは言えません。

 

電柱にバンパーをぶつけたなど、その瞬間にある程度の衝撃が起こる位の事故を起こした場合が事故車扱いになります。

 

パッと見ではそれほどひどい状態でなくても、内部に何らかの不具合が出る事があるので事故車扱いになってしまうのです。

 

自走が不可能でレッカーを呼ばなくてはいけない程の壊れ方をしたものも勿論事故車ですが、有り難い事にこういったぐちゃぐちゃになった車や事故車でも買い取りしてくれる業者が数多くあるのです。

 

 

ではなぜ事故車でも買い取りして貰えるのでしょう、業者側にメリットはあるのでしょうか?

 

事故車を買取るメリット

まず1つはリサイクルです、車自体に価値がなくなったとしても各パーツはリサイクル品として重宝されているため、国内でもパーツごとに需要があるのです。

 

 

もう1つは海外。これが今最も注目すべきマーケットなのです。

 

 

日本の車が海外でとても人気があるのはテレビで見たことがあるかもしれませんが、日本車は性能が良く丈夫で壊れにくいと中古車でも大歓迎されるのです。

 

輸出した国で修繕すれば修繕費用も安く済むので、そうして乗っているケースもありますし、パーツごとの品質が良いので事故車でも貴重な存在となります。

 

 

海外は人件費も安いため、こういった高値がつくのですね。

 

 

しかし全ての事故車に値がつくとは限りません。

 

もしかしたら全く値が付かない状態、言わば0円で引き取るという回答が来るかもしれません。

 

今までの説明からすると高値で売れるかも!と期待が膨らむだけに、かなり落ち込むかもしれませんね。

 

しかし廃車手続きの手間暇や処分代(2005年に施行されたリサイクル法によって、廃車するだけでも料金が発生します。

 

全く自走出来ない車の場合、レッカー代や移動費用などもかかってしまいます)を考えれば、0円でも引き取って貰えるだけ得なのです。

 

ここで1つ注意事項ですが、乗れなくなった事故車を長期間放置しておかない事です。どうしようかと迷ったまま放置しておくと、車の内装や内部のパーツは痛むばかりです。こうなるとこの車の価値はどんどん下がりますし、パーツの再利用が出来なくなってしまいますよ。

 

 

事故車も買取してくれる業者の一括見積りはこちら