自動車査定のときに準備するものはこちらです。

自動車査定をする場合、いくつかの書類が必要になります。

 

実際に売る場合には更に多くの書類を提出する事になりますが、査定を受ける際にも書類がいるのです。

 

この事を知らずに査定をしに来るお客さんは案外多く、また改めて・・・という事になってしまいます。

 

二度手間になるのは面倒ですよね。こんな事にならない様に、査定の日程が決まったら事前に準備しておきましょう。

 

必要書類と内容

一般的な必要書類ですが、【車検証】【自賠責保険賞】【自動車税納税証明書(または残債確認依頼書)】【免許証】です。

 

車検証とは、国の定める保安基準に適合していることを証明する公文書のこと。

 

自賠責保険証は、自動車を使用する際に加入が義務づけられている自賠責保険の証明書です。どちらも車のダッシュボード等に入っている事が多いです。

 

自動車税納税証明書は自分で保管しているか、これがないと車検を受ける事が出来ないので車検証と一緒に保管してある事が多いです。

 

特に車検証ですが、ネットでの自動車査定の際にも必要となり得るので、査定申し込みの時から用意しておくと便利ですよ。

 

ここからは、車査定の時に用意しておくと査定額がUPするかも・・・?という物です。必要不可欠ではないですが、一度探してみてあったら是非準備しておいて下さい。【車の保証書】【車の定期点検記録簿】【車の取扱説明書】です。これらが有るか否かで査定額に響くかどうかは、正直曖昧です。買取業者の判断によりますので何とも言えませんが、定期点検記録簿があれば車の管理状態がわかりますし、売る側の誠意が伝わると思います。これらも案外車内に残っていたりするので、一度良く探してみて下さい。

 

 

 

準備が出来たら1分で簡単に出来る無料査定へ